【ラップ界のカート・コバーンと呼ばれた異端児”LIL PEEP”を辿る】

ヒップホップのサウンドにおいてサンプリング(元ネタ)は欠かせない。

有名な所でいえばカニエ・ウエストの楽曲『Stronger』の元ネタにはダフト・パンクの「Harder,Better,Faster,Stronger」が用いられている。

このように違うジャンルのサウンドをサンプリングに使われることはしばしばある。ロックのサンプリングが多ければロックミュージックから、テクノならクラブミュージックという風にアーティストが影響を受けた感触をそこから感じ取れるので少し調べてみるだけで実に面白い発見がある。

中でも昨年に急逝したラッパー”LIL PEEP”(リル・ピープ)はとりわけバラエティーに富んだサンプリングを用いている。

元々、ロックやパンクを聴いて育った彼はニルヴァーナやレッド・ホット・チリ・ペッパーズにオアシスから、ブリンク182、グッド・シャーロット、サム41、フォール・アウト・ボーイ、マイ・ケミカル・ロマンスなど、オルタナ/ミクスチャー/ブリットポップ/メロコア/エモといったアーティストに影響を受け、それらのテイストを取り込んでいる。

そのような幅を持ち合わせていたことから、彼は他ジャンルのファンからも一目置かれる存在として人気が出たことは一理あるのではないかと思う。

そこでその中から具体的にいくつか楽曲を紹介。

『FLANNEL』(2015) Sampled “The Drowning Man”by The Cure
物哀しげな幽玄的雰囲気を醸し出すトラックのこの楽曲にはゴシックなニュー・ウェイヴとして最も有名なイギリスのバンド「THE CURE」が用いられている。

『FIVE DEGREES』(2015) Sampled “R-Evolve” by 30 Seconds to Mars
感情に訴えかけるダイレクトなエモーショナルサウンドが特徴的なこの楽曲にはアメリカのロックバンド「30 SECONDS TO MARS」の曲を抜擢。

『We Think Too Much』(2016) Sampled “Lichen” by Aphex Twin
澄んだ空気の中に浸っているかの様な心地よいビートトラックのこの楽曲には、電子音楽を操る最高峰アーティスト「APHEX TWIN」のアンビエントな一曲をチョイス。

『Hellboy』(2016) Sampled “Too Bright To See, Too Loud To Hear” by Underoath
彼の代表曲の一つとして人気の高いこの楽曲にはアメリカのポスト・ハードコアバンド「UNDEROATH」のサウンドを使用。これによりハードコアシーンからも人気急上昇となった。

『Yesterday』(2016) Sampled “Wonderwall” by Oasis
この楽曲はサンプリングというか、もはやカヴァーソング。
誰しもが一度は耳にしたことのあるキャッチーなメロディーはイギリスのポップアイコン「OASIS」の名曲。これによりまたしても本国アメリカのみならず全世界から注目の的に。

このように様々なジャンルから影響を受けているのがサンプリングを通して垣間見れる。他にも沢山色々なジャンルの楽曲をサンプリングしているのでぜひ調べていただきたい。

 

 

また彼は音だけではなく、ファッションに関しても多方面からの影響を落とし込んでいる。特にパンクやグランジからのテイストは色濃く反映されていると思う。

いかにもオーソドックスなスタイルにこだわるのではなく、自分を貫き、誰も真似の出来ないアイコニックなイメージ像でLIL PEEPという人物をセルフブランディングさせたのは、やはり彼の幅広い感性が呼び起こしたことだろう。全身に入ったタトゥーに関しても自身をイメージ付けるために入れたことも公言している。

彼亡きいま、新たにまたLIL PEEPに影響を受けた次世代が続々と誕生している。
彼の登場によりシーンは活発の一途を辿っている。グランジを築いたNIRVANA、ラップメタルを押し上げたKORN、エモ/スクリーモの衝撃となったTHE USED、それらと同様の勢いを感じさせる”EMO RAP”シーン。

LIL PEEPが残した布石はこれからも時代の扉をこじ開けて行くことだろう… 。

前回記事:HISTORY OF LIL PEEP Vol.1


 

[オンラインストア]

LIL PEEP × SUS BOY / LIMITED EDITION DADDY TEE


 

[オンラインストア]

LIL PEEP × SUS BOY / LIMITED EDITION LONGSLEEVE


 

[オンラインストア]

LIL PEEP OFFICIAL BEANIE


 

[オンラインストア]

LIL PEEP OFFICIAL COME OVER TEE


 

[オンラインストア]

LIL PEEP OFFICIAL COME OVER HOODIE


 

[関連記事]

LIL PEEP × SUS BOY LIMITED CAPSULE COLLECTION / LIL PEEP – Official Item

商品に関するお問い合わせは店舗にて。

FRAGILE (フラジャイル)
〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江2-13-24
TEL:06-6567-9570

FRAGILE公式SNSページ

 

[facebook]

[instagram]

[fashion snap]

[twitter]

関連記事

  1. 伝説のバンド Joy Division のオフィシャル スウェットトレーナー が再登場

    2018.12.13

    伝説のバンド Joy Division のオフィシャル スウェットトレ…

    Peter Savilleによる"Joy Division"の名作「Unknown Pleasure…

    伝説のバンド Joy Division のオフィシャル スウェットトレーナー が再登場
  2. チープ・マンデーのオーバーサイズ無地Tシャツ

    2017.02.17

    チープ・マンデーのオーバーサイズ無地Tシャツ

    【一枚あると便利! チープ・マンデーのオーバーサイズ無地Tシャツ】ファッションシーンは春夏アイテ…

    チープ・マンデーのオーバーサイズ無地Tシャツ
  3. NEW ARRIVALS – DEADSTOCK BAND T-SHIRTS

    2016.08.3

    NEW ARRIVALS – DEADSTOCK BAND…

    【"デッドストックバンドTシャツ”入荷!】先日、アナウンスしていましたデッドストックのバンドTシ…

    NEW ARRIVALS – DEADSTOCK BAND T-SHIRTS
  4. ビースティ・ボーイズが設立に関わった時期による XLARGE のSSシャツが登場

    2019.06.21

    ビースティ・ボーイズが設立に関わった時期による XLARGE のSSシ…

    XLARGE の90年代アイテムにフォーカスした貴重なデッドストック伝説…

    ビースティ・ボーイズが設立に関わった時期による XLARGE のSSシャツが登場
  5. クローズアップ: Ch. ERC Trouser SS17

    2017.05.13

    クローズアップ: Ch. ERC Trouser SS17

    【ブランド「CHAPTER」の最新コレクションより ERC Trouser (ボトム)を紹介】カ…

    クローズアップ: Ch. ERC Trouser SS17
  6. ALIEN BODY

    2016.01.13

    ALIEN BODY

    “未確認のアンダーグラウンドファッション"昨年、anticon.より新作アルバム”Tecnoma…

    ALIEN BODY
  7. LIVEレポ – MIKE TEXTBEAK

    2013.03.3

    LIVEレポ – MIKE TEXTBEAK

    クリーブランド(オハイオ州)ホームタウンのEXPERIMENTAL,INDUSTRIAL…

    LIVEレポ – MIKE TEXTBEAK
  8. RE WORK : UNKNOWN PLEASURES

    2016.10.12

    RE WORK : UNKNOWN PLEASURES

    【JOY DIVISIONのアートワークを自分流にカスタマイズ】伝説のポストパンク・バンドJOY…

    RE WORK : UNKNOWN PLEASURES
  9. THE BROAD × YAYOI KUSAMA / All About My Flowering Heart T-Shirts

    2018.03.5

    THE BROAD × YAYOI KUSAMA / All Abou…

    【「THE BROAD」限定による”草間彌生”限定Tシャツ】ルイ・ヴィトンやコム・デ・ギャルソン…

    THE BROAD × YAYOI KUSAMA / All About My Flowering Heart T-Shirts

NEW POST