DIE DIE MY DARLING

DIE DIE MY DARLING

【PIZZANISTA!もパロディーするMISFITSの元ネタとは?】

先日、新入荷しましたPIZZANISTA!の最新アイテムでホラーパンクバンドMISFITS(ミスフィッツ)へオマージュしたTシャツの元ネタを紹介。

[MISFITS初期の名曲”Die Die My Darling”]

まず、本題の前にミスフィッツにおいて欠かせないのがバンドの代表曲である『Die Die My Darling』。バンドが一時解散を表明した翌年84年にリリースした12インチシングルで初期ヴォーカリストのグレン・ダンジグが最後に書いた曲となります。

メンバー間のトラブルで解散したのち、ダンジグ抜きで再結成した新編成のミスフィッツと彼がソロで結成したDANZIG(初期SAMHAIN)との間で、それぞれこの曲が演奏されるなど曰く付きの曲としても知られます。

[あのMETALLICAがカヴァー]

いまや世界を代表するモンスターメタルバンドとなった「METALLICA」(メタリカ)がカヴァーするなど大きな話題となりました。98年にリリースしたカヴァーアルバム「Garage Inc.」の日本盤にも収録され、翌年にはシングルリリースされました。あのメタリカもフェイバリットに挙げるほど彼らは崇められていると言う事ですね。

[実はMISFITSもカヴァー!?]

さあ、今回の本題となります。メタリカもカヴァーするほどとなった『Die Die My Darling』ですが。実はタイトルは1965年に公開されたイギリスのホラームービー『Fanatic』の米国版タイトル「Die! Die! My Darling!」からオマージュされています。

ワインを持った女性が描かれたカヴァーアートも1953年に発売されたホラー・コミック誌『Chamber of Chills』(#19)の表紙をもとに制作されています。ちなみにレコードのバックカヴァーはメタリカのアートワークでも有名なPUSHEAD(パスヘッド)がデザインを担当しています。どこまでもこの2バンドには縁がありますね。

いまやミスフィッツのTシャツといえば骸骨(クリムゾン・ゴースト)が有名で、パロディーされる物も大半それが多くあるのが現状で、そんなありきたりで溢れる中、PIZZANISTA!は意表を突いたデザインで仕掛けてきました。

バンドTシャツはオフィシャルではないとダメという方もこのPIZZANISTA!のデザインならOKではないでしょうか?メタリカ同様彼らをリスペクトする故での最高のパフォーマンスをもってミスフィッツに捧げたオマージュTシャツです。

絶賛販売中です!オンラインストアでも購入可能です。