【RVCAが語るLA・パンクの歴史的ファンジン Slash Magazine の重要性】

昨日の記事、カルチャー:MUSIC – LA・パンクでも触れた”LA・パンク”という何処よりもエネルギッシュでアンダーグランドなカルチャー。そのシーンは未だに語り継がれ神格化されている。LA・パンクはハードコアをも作り出し、時代に変革をもたらせた。

その影響下は音楽シーンだけでなく、ファッションやアートなどライフスタイルにも溶け込んでいった。LAのブランド”OBEY”や”RVCA”もその一旦を担った。

SLASH MAGAZINE

SLASH MAGAZINE

SLASH MAGAZINE

SLASH MAGAZINE

RVCAが敢行するアートマガジン「ANP Quarterly」でもLA・パンクシーンを紹介した伝説の雑誌『Slash Magazine』を特集した。以下、その事柄についてRVCAチームを文面を翻訳した。

どの出版物よりもその時代のLAパンクの第一波を捉えることに成功した”Slash Magazine”は、入手困難なコレクターアイテムとなっている。その難解さのみならず、アートやレイアウト、デザインに対する独特のアプローチもまた、その絶大なる人気の理由である。

今回新たにBrian Roettinger、J. C. Gabel (Hat & Beard)両名の編集のもと出版される※”Slash: A Punk Magazine from Los Angeles: 1977-1980″, このLAパンクの情景と核心の一部を名誉をもって抜粋する。

LAパンクの第一波は、その革新的なスピリットと親和性で印象深いが、長きにわたるパンクロックの歴史にとってはほんの脚注である。その第一派と、後にハードコアと呼ばれるようになるものが誕生するまでの模様は、Penelope Spheerisが監督したカルト的なドキュメント映画 ※”The Decline of Western Civilization”に収められている。このドキュメントは1979-1980年の間に撮影され、1981年7月に公開された。初期のLAパンクシーンを語るのに欠かせない人物が”Kickboy Face”こと※Claude Bessyである。まさに彼こそが、1977年に友人であるSteve SamiofとMelanie Nissenと共同出資で創刊された「Slash Magazine」の代弁者であった。創設当時のメンバーにはBessyのパートナーであるPhilomena “Philly” Westanleyも名を連ねる。誌面に登場する人物たちは、結びつきの強い貢献者の集団となり、のちに他分野で伝説的な作品を生み出すこととなる。

1980年の終わりにつれ、Slash magazineの所有権がBob Biggsに移ると、Slash magazineはレコード会社へと変化していき、世紀が変わる頃にワーナーに売却されるまで80〜90年代のアンダーグラウンドミュージックを定義づけた。

雑誌としてスタートしたSlashが、どの出版物よりもLAパンクシーンを定義づけるものとなったことは、忘れ難い。

我々はSlashの共同創設者のSteve SamiofとMelanie Nissenのインタビューとともに、未公開のフォトグラフを抜粋掲載することができ光栄だ。

※ Slash: A Punk Magazine from Los Angeles: 1977-1980
77年〜80年にかけて敢行された伝説のパンク雑誌『Slash』の全29号を一冊にコンパイルした特別号。

※ The Decline of Western Civilization (ザ・デクライン)
ペネロープ・スフィーリス監督によるロック・ドキュメンタリー三部作の一作目。LAパンクシーン全盛期の時代を紐解いたバイブル的作品として知られ、Black FlagやCircle Jerks、Fear、Germs、Xなどのライブ映像も収められている。映画のサウンドトラックはSlash Recordsよりリリースされた。

※ Claude Bessy
「Slash Magazine」の共同設立者。ライターとしての傍らパンクバンドCatholic Disciplineのヴォーカルとしても活躍。LAで初めてレゲエ文化を紹介した出版社「Angeleno Dread」を設立するなど先見の明をもった人物である。後に英国にわたりラフ・トレード・レコードでプレスリリースを担当し、ファクトリー・レコードとも関わりをもつなど多岐にわたる活躍で知られた。99年に54歳で肺がんのためこの世を去った。

次週もSlash Magazineに迫る…。


FRAGILE公式SNSページ

 

[facebook]

[instagram]

[fashion snap]

[twitter]

関連記事

  1. PANTERA”悩殺”待望の再リリース

    2020.05.25

    PANTERA”悩殺”待望の再リリース

    出典:nochederock.comPANTERAの"FAR BEYOND DRIVEN"(悩殺…

    PANTERA”悩殺”待望の再リリース
  2. UNKNOWN PLEASURES

    2016.01.19

    UNKNOWN PLEASURES

    孤高に生きた伝説のバンド伝説のバンドとして語り継がれ、世代を超えいまも尚多くの影響を与え続ける『…

    UNKNOWN PLEASURES
  3. CHAPTER – SPRING / SUMMER 2016 coming soon…

    2016.03.22

    CHAPTER – SPRING / SUMMER 201…

    CHAPTER SPRING/SUMMER 2016近日入荷!取り扱いを始め、早4年目を迎える当…

    CHAPTER – SPRING / SUMMER 2016 coming soon…
  4. 以外と知らない!?BAD BRAINS (バッド・ブレインズ)のシンボルマーク

    2016.11.21

    以外と知らない!?BAD BRAINS (バッド・ブレインズ)のシンボ…

    【BAD BRAINSの象徴が意味するものとは?】伝説のハードコア・パンクバンドBAD BRAI…

    以外と知らない!?BAD BRAINS (バッド・ブレインズ)のシンボルマーク
  5. BC ETHIC より 90’sデッドストックの オープンカラーシャツ が登場

    2019.04.9

    BC ETHIC より 90’sデッドストックの オープンカラーシャツ…

    春のトレンドアイテムをクールなボーリングシャツでバッチリ決める!…

    BC ETHIC より 90’sデッドストックの オープンカラーシャツ が登場
  6. CARSTEN NICOLAI – bausatz noto

    2015.12.5

    CARSTEN NICOLAI – bausatz not…

    “ドイツが生んだ科学の申し子"先日、来日したOneohtrix Point Neverの東京公演…

    CARSTEN NICOLAI – bausatz noto
  7. emeraldthirteen 2017AW Accessory Pick Up

    2017.10.1

    emeraldthirteen 2017AW Accessory Pi…

    【 New Arrivals - emeraldthirteen 2017AW アクセサリー紹介】…

    emeraldthirteen 2017AW Accessory Pick Up
  8. 映画 スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題) 2019年12月公開決定

    2019.04.15

    映画 スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題) 20…

    遂に完結編となる”スターウォーズ”シリーズの最新作より予告動画も公開!2019年12月2…

    映画 スターウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題) 2019年12月公開決定
  9. BEASTIE BOYS STORY(ビースティ・ボーイズ ストーリー) POP UP

    2020.05.22

    BEASTIE BOYS STORY(ビースティ・ボーイズ ストーリー…

    出典:imdb.com90年代彼らの提案する音楽、ファッション、アートなどのストリートカルチャー…

    BEASTIE BOYS STORY(ビースティ・ボーイズ ストーリー) POP UP

NEW POST