【RVCAが語るLA・パンクの歴史的ファンジン Slash Magazine の重要性】

昨日の記事、カルチャー:MUSIC – LA・パンクでも触れた”LA・パンク”という何処よりもエネルギッシュでアンダーグランドなカルチャー。そのシーンは未だに語り継がれ神格化されている。LA・パンクはハードコアをも作り出し、時代に変革をもたらせた。

その影響下は音楽シーンだけでなく、ファッションやアートなどライフスタイルにも溶け込んでいった。LAのブランド”OBEY”や”RVCA”もその一旦を担った。

SLASH MAGAZINE

SLASH MAGAZINE

SLASH MAGAZINE

SLASH MAGAZINE

RVCAが敢行するアートマガジン「ANP Quarterly」でもLA・パンクシーンを紹介した伝説の雑誌『Slash Magazine』を特集した。以下、その事柄についてRVCAチームを文面を翻訳した。

どの出版物よりもその時代のLAパンクの第一波を捉えることに成功した”Slash Magazine”は、入手困難なコレクターアイテムとなっている。その難解さのみならず、アートやレイアウト、デザインに対する独特のアプローチもまた、その絶大なる人気の理由である。

今回新たにBrian Roettinger、J. C. Gabel (Hat & Beard)両名の編集のもと出版される※”Slash: A Punk Magazine from Los Angeles: 1977-1980″, このLAパンクの情景と核心の一部を名誉をもって抜粋する。

LAパンクの第一波は、その革新的なスピリットと親和性で印象深いが、長きにわたるパンクロックの歴史にとってはほんの脚注である。その第一派と、後にハードコアと呼ばれるようになるものが誕生するまでの模様は、Penelope Spheerisが監督したカルト的なドキュメント映画 ※”The Decline of Western Civilization”に収められている。このドキュメントは1979-1980年の間に撮影され、1981年7月に公開された。初期のLAパンクシーンを語るのに欠かせない人物が”Kickboy Face”こと※Claude Bessyである。まさに彼こそが、1977年に友人であるSteve SamiofとMelanie Nissenと共同出資で創刊された「Slash Magazine」の代弁者であった。創設当時のメンバーにはBessyのパートナーであるPhilomena “Philly” Westanleyも名を連ねる。誌面に登場する人物たちは、結びつきの強い貢献者の集団となり、のちに他分野で伝説的な作品を生み出すこととなる。

1980年の終わりにつれ、Slash magazineの所有権がBob Biggsに移ると、Slash magazineはレコード会社へと変化していき、世紀が変わる頃にワーナーに売却されるまで80〜90年代のアンダーグラウンドミュージックを定義づけた。

雑誌としてスタートしたSlashが、どの出版物よりもLAパンクシーンを定義づけるものとなったことは、忘れ難い。

我々はSlashの共同創設者のSteve SamiofとMelanie Nissenのインタビューとともに、未公開のフォトグラフを抜粋掲載することができ光栄だ。

※ Slash: A Punk Magazine from Los Angeles: 1977-1980
77年〜80年にかけて敢行された伝説のパンク雑誌『Slash』の全29号を一冊にコンパイルした特別号。

※ The Decline of Western Civilization (ザ・デクライン)
ペネロープ・スフィーリス監督によるロック・ドキュメンタリー三部作の一作目。LAパンクシーン全盛期の時代を紐解いたバイブル的作品として知られ、Black FlagやCircle Jerks、Fear、Germs、Xなどのライブ映像も収められている。映画のサウンドトラックはSlash Recordsよりリリースされた。

※ Claude Bessy
「Slash Magazine」の共同設立者。ライターとしての傍らパンクバンドCatholic Disciplineのヴォーカルとしても活躍。LAで初めてレゲエ文化を紹介した出版社「Angeleno Dread」を設立するなど先見の明をもった人物である。後に英国にわたりラフ・トレード・レコードでプレスリリースを担当し、ファクトリー・レコードとも関わりをもつなど多岐にわたる活躍で知られた。99年に54歳で肺がんのためこの世を去った。

次週もSlash Magazineに迫る…。


FRAGILE公式SNSページ

 

[facebook]

[instagram]

[fashion snap]

[twitter]

関連記事

  1. ダイナソーJr.のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』が轟音上映

    2022.02.28

    ダイナソーJr.のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシー…

    12作目の新作アルバム「SWEEP IT INTO SPACE」をリリースしたインディからメジャー…

    ダイナソーJr.のドキュメンタリー映画『ダイナソーJr./フリークシーン』が轟音上映
  2. STEPHEN SPROUSEがデザインを手がけた DEBBIE HARRYデザインが入荷しました

    2020.03.5

    STEPHEN SPROUSEがデザインを手がけた DEBBIE HA…

    DEBBIE HARRY x STEPHEN SPROUSE"BLONDIE"のVo.デボラ・ハ…

    STEPHEN SPROUSEがデザインを手がけた DEBBIE HARRYデザインが入荷しました
  3. (K)OLLAPS MUSIC PRODUCT HAT より第4弾となる新作キャップがリリース

    2018.12.16

    (K)OLLAPS MUSIC PRODUCT HAT より第4弾とな…

    今回は”INDUSTRIAL” & ”MINIMAL TECHNO”にフォーカス(K…

    (K)OLLAPS MUSIC PRODUCT HAT より第4弾となる新作キャップがリリース
  4. CHAPTER AUTUMN/WINTER 2017 販売開始

    2017.10.26

    CHAPTER AUTUMN/WINTER 2017 販売開始

    【"CHAPTER AUTUMN/WINTER 2017" 10/27(FRI) PM12:00〜販…

    CHAPTER AUTUMN/WINTER 2017 販売開始
  5. エイリアン:コヴナントの予告が遂に公開!

    2016.12.26

    エイリアン:コヴナントの予告が遂に公開!

    【エイリアンシリーズの最新作で前日譚を描く作品二作目「エイリアン:コヴナント」】https:…

    エイリアン:コヴナントの予告が遂に公開!
  6. HARLEY QUINN 映画TEE入荷!

    2020.02.9

    HARLEY QUINN 映画TEE入荷!

    HARLEY QUINN BIRDS OF PREY出典:Warner Bros. Entert…

    HARLEY QUINN 映画TEE入荷!
  7. ART BOOK COLLECTION 寺田克也

    2021.02.2

    ART BOOK COLLECTION 寺田克也

    国内のみならず海外でも毎年個展を開催し、幅広い活躍を見せる世界的なイラストレーター・マンガ家「寺田克…

    ART BOOK COLLECTION 寺田克也
  8. ED TEMPLETON(エド・テンプルトン)30年間のドローイングアーティストとしての集大成

    2022.04.12

    ED TEMPLETON(エド・テンプルトン)30年間のドローイングア…

    MARK GONZALES(マーク・ゴンザレス)に影響を受けたエド・テンプルトンのスケートとアート…

    ED TEMPLETON(エド・テンプルトン)30年間のドローイングアーティストとしての集大成
  9. NEW ARRIVAL – SIN CITY Movie T-Shirts

    2017.08.2

    NEW ARRIVAL – SIN CITY Movie …

    【コミックを映画化して話題となった作品”SIN CITY"(シン・シティ)のオフィシャルTシャツが入…

    NEW ARRIVAL – SIN CITY Movie T-Shirts

NEW POST

PAGE TOP