The Libertines ザリバティーンズ
1997年結成。ガレージロックリバイバルの中心バンドとして知られ、2000年代前半から次第に注目を集め00年代ロックを語る上で欠かせないイギリスのロックバンド。
初期の奏でる音楽は荒削りで、演奏技術が〜、曲の構成が〜だとかそういう次元のバンドではない。ロック。ザ ロックである。

聞いた瞬間に「衝動」が走るようなクソったれの為の音楽。加えて瞬間的に虜にされる天才的なメロディーセンスとファッション性、セックス・ピストルズを彷彿とさせるリアルさや歌詞、振る舞いからくるパンクの要素も持っているバンドとくるから日本にも熱狂的なファンが多い。

出典:eiga.com/

バンドは作詞・作曲を共同で行う「ピート・ドハーティ」と「カール・バラー」の2人によって始動した。
2人以外のメンバーは結成当初は流動的だったが、ドラムにゲイリーパウエル、ベースにジョン・ハッサールに落ち着き、今年フジロックメインアクトにも選ばれているアメリカのロックバンド「ストロークス」を世に送り出したイギリスの老舗インディレコードレーベル、ラフトレードレコードからメジャーデビューする。

アルバムプロデューサーにザクラッシュの元メンバーミックジョーンズを迎え2002年にデビューアルバム『up the bracket (リバティーンズ宣言)』(直訳で一発食らわすなどの意味)を発表しイギリスチャートでアルバム1位を獲得し一躍有名になった。
しかし2004年2ndアルバム『The Libertines (リバティーンズ革命)』を最後にピートのドラッグ中毒による問題やトラブルが絶えずバンドはわずか2枚のアルバムを残して解散した。

出典:amazon.co.jp

ピートの度重なるMr破天荒エピソードは数え切れず、重度の薬物中毒、数々の逮捕沙汰からケイトモスとの交際、リアム・ギャラガーの交際相手だった元キル・シティのシンガーであるリサ・ムーリッシュとの間にピートとの子を設ける…etcなどメディアにも多く取り出さられる事になる。

出典:sumally.com

一方で類稀なるカリスマ性、ファッション性を持ち当ブログでもお馴染み孤高の天才デザイナーエディスリマンがピートを2年間に渡って撮り続けた写真集「London Birth Of A Cult」 を出版している。
またステージ衣装をエディが手がけたり、2006年Diorクリエイティブディレクターの際にコレクションでもオマージュを捧げるなどエディ自身も熱狂的なファンである程でファッション界にも多大な影響を与えた。

出典:hatena.ne.jp

そうして数々の功績、トラブルを経ながらピートはバンド脱退後、Babyshambles(ベイビー・シャンブルズ)、相方バラーはメンバーのゲイリーパウエルと「Dirty Pretty Things(ダーティプリティシングス)」として新しくバンドを結成し、別々の道を辿っていたが、2010年一時的な再結成後、2015年正式にファン待望の再結成を果たし11年ぶりとなるサード・アルバム『Anthem For Doomed Youth(リバティーンズ再臨)』を発表し様々な困難を乗り越えて現在に至る。

今回そのロックシーンを駆け抜けたThe LibertinesのオフィシャルTシャツが入荷しました。

将服を着たピエロをアートワークに
元々のバンド名にする候補にもあがっていたThe Albions、Babyshamblesの曲名のタイトル、ピートの詩などで度々登場するAlbion(イギリスの古称。日本でいえば大和)という文字を使い自国英国の愛情と皮肉をもったメッセージ「Albion To Utopia」を加えている1枚です。
襟を切りっぱなしにしたり、ビンテージ加工したりとDIY甲斐しがいのあるアナーキーなデザインですので、お気に入りの1枚に仕上げてみてはいかがでしょうか。

また再結成後、数年たった2019年にもピートが複数回逮捕されており危ういバランス感は健在ですが、現在はメンバーとバー兼スタジオ「The Albion rooms」をオープンするなど新たな活動を行っており、ピートがインテリア・デザイナーとして建物内の装飾のデザインを手がけ「芸術性(と時に悪行)の隠れ家」をコンセプトのもと活動しているとのこと。

これからの動向に再注目される00年代の伝説的バンドThe Libertinesのロックはまだまだ続いていく…かもしれません。

関連記事

  1. 2012.09.16

    HEALTH FYF FEST PRE SHOW

    L.A.アンダーグラウンドミュージックシーンの中でカリスマ性を持ち続ける"HEALTH"今回のLIV…

    HEALTH FYF FEST PRE SHOW
  2. HISTORY OF KIM GORDON

    2019.11.18

    HISTORY OF KIM GORDON

    SONIC YOUTHの中心メンバーとしてグランジ/オルタナティブ・ロックシーンを牽引したキム・ゴー…

    HISTORY OF KIM GORDON
  3. HARDCORE LEGEND – Jacob Bannon

    2016.09.30

    HARDCORE LEGEND – Jacob Banno…

    【混沌に咲く表現者(アーティスト)】Jacob Bannon(ジェイコブ・バノン) 彼の…

    HARDCORE LEGEND – Jacob Bannon
  4. “カルチャー・クラブ” オフィシャルTシャツ入荷しました!

    2016.12.28

    “カルチャー・クラブ” オフィシャルTシャツ入…

    【"カルチャー・クラブ” 伝説のアルバムがいま蘇る】カーマ・カーマ・カーマ・カーマ・カーマ・…

    “カルチャー・クラブ” オフィシャルTシャツ入荷しました!
  5. ヒップホップ40年の歴史 「ラップ・イヤー・ブック」

    2016.12.14

    ヒップホップ40年の歴史 「ラップ・イヤー・ブック」

    【イラストで綴るヒップホップの新たなバイブル「ラップ・イヤー・ブック」】いまも昔も若者達にと…

    ヒップホップ40年の歴史 「ラップ・イヤー・ブック」
  6. A GENDER NEUTRAL COLLECTION from RVCA

    2017.08.25

    A GENDER NEUTRAL COLLECTION from RV…

    【RVCA が手掛ける新ライン”Neutral Collection”発売開始!】毎シーズン…

    A GENDER NEUTRAL COLLECTION from RVCA
  7. Björk -HOMOGENIC T-シャツ入荷しました

    2020.01.21

    Björk -HOMOGENIC T-シャツ入荷しました

    Björk 3rdアルバム「HOMOGENIC」オフィシャルTEE出典:Bjork/One Li…

    Björk -HOMOGENIC T-シャツ入荷しました
  8. DKNY 90′ MADE IN USA PART 2

    2015.02.17

    DKNY 90′ MADE IN USA PART 2

    DKNY 90' STYLE PART 2ファッション業界は90’sリバイバル真っ只中。…

    DKNY 90′ MADE IN USA PART 2
  9. DANIEL PALILLO 2013 S/Sトップス入荷しました!

    2013.03.28

    DANIEL PALILLO 2013 S/Sトップス入荷しました!

    先日から紹介しているDANIEL PALILLOの最新コレクション「INVASION」!今回はトップ…

    DANIEL PALILLO 2013 S/Sトップス入荷しました!

NEW POST