cyclo.

cyclotop

cyclo.-実験音楽のススメ

西武渋谷のメインゲートにLEDのインスタレーションなどを手掛けDIAMOND VERSIONやALVA NOTOのプロジェクトや実験音楽レーベルRESTER-NOTONの主峰CARSTEN NICOLAIと日本を代表する現代アーティスト・実験音楽家/池田亮司とのスーパーユニット”CYCLO”の1stアルバムが奇跡の再発売!7/30にFRAGILEにて発売開始致します。

1999 年、ドイツ・ライプツィヒのギャラリー Galerie Für Zeitgenössische Kunst で行われた「New Forms」という
コンサートのシリーズで初共演したのをきっかけに、池田亮司とカールステン・ニコライのユニットcyclo.は誕生。そして、2001 年にドイツ raster-noton レーベルより 1st アルバム「.」(ドット)を発表。
1999 年から 2001 年の間に制作された彼らの 1st アルバム「.」は、” エラー ”をメインテーマとした作品。
ループのオーヴァーラップやソフトウェアの間違った計算やアルゴリズムなどの ” エラー ” から生じる純粋なデジタルサウンドを注意深く選び抜いて、緻密に配置し、ダンサブルとも言えるリズミカルなビートやウルトラ・ミニマルなサウンドスケープを構築している。
その後、ステレオ信号を視覚的にモニターできる装置 ” リサージュ・メーター ” に映し出される自らのサウンドの動きや
パターンに興味を持ち、「サウンドの視覚化」にフォーカスを当てたビジュアル・アートと音楽のハイブリッドを創造/探求する共同プロジェクトとして10 数年に渡り展開していくことになる cyclo. の原点がここにある。
CYCLO_image_2010_photo_by_ryuichi_maruo

cyclo.<h/3>
[プロフィール]
1999 年に結成された、日本とドイツを代表するヴィジュアル/サウンドアーティスト、池田亮司とカールステン・ニコライ(Alva Noto)のユニットcyclo.。「サウンドの視覚化」に焦点を当て、パフォーマンス、CD、書籍を通して、ヴィジュアル・アートと音楽の新たなハイブリッドを探求する現在進行形のプロジェクト。2001年にドイツ raster-noton レーベルより 1st アルバム「.」(ドット)を発表。2011 年には前作より 10 年振りとなる 2nd アルバム『id』、そして同年、ドイツのゲシュタルテン出版より cyclo.長年リサーチしてきた基本波形の可視化の膨大なコレクションを体系化した書籍『id』を出版。

[池田亮司コンサート情報]
京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT 2017
池田亮司 x Eklekto『music for percussion』[日本初演]
10 月24日(火)ロームシアター京都サウスホール
http://kyoto-ex.jp/

[ドイツ Raster-Noton レーベルが再編成]1996 年に合併した2つのレーベル
”Rastermusic” と ”Noton” による ”Raster-Noton” が 2017 年 5 月に ”Raster” と
”Noton” に再編成。オラフ・ベンダーによる ”Raster” はこれまでの ”Raster-Noton” の
活動を継続し、カールステン・ニコライによる ”Noton” は Alva Noto 関連作品を再アー
カイブ・発表していきます。www.raster-media.net | http://noton.info