コラム:進化するフェスファッション

BEACH GOTH

【ヘルスゴス!?いや、”BEACH GOTH”】

いまや夏の風物詩の一つとなった野外フェスティバル。
日本ではフジロック・フェスティバルやサマーソニックを筆頭に至る所で開催される様になりました。

海外でも年々その数は増加の一途を辿り、各々がそれぞれのフェスを楽しみシーズンを満喫しています。様々な楽しみ方の中で醍醐味の一つであるのが”フェス向けファッション”が挙げられます。

近年、ファッションニュースサイトでもフェスのスナップ特集が組まれるなど世界的にその注目度は増しています。

特に海外では以前、AFROPUNKというイベントを紹介したことがありますが、とにかく個性溢れた人々が集い、フェスの特性に合わせ個人個人が個性を十二分に表現しています。

夏の暑い中でもファッションを意識した感覚はとても高感度であります。
日本でのフェスファッションといえば、まだまだアウトドアファッションやスポーファッション感覚が多いので差は歴然でしょう。

しかし、近年ではこういったスナップ特集も多く組まれているのでファッション性を高く意識した人は増えていますね。

フェスの本場アメリカでは、今まででは到底考えもしない新たなフェスが誕生し話題となっています。そこに参加する観客もそのイメージに合わせ個性を発揮しています。

2012年にアメリカ西海岸の風光明媚な場所オレンジカウンティーで誕生した『BEACH GOTH』というフェスティバル。

ビーチ×ゴス!?何それ!と思った方もいらっしゃるでしょう。

そう、それは海辺で開催される音楽イベントでテーマとなっているのが”ゴス”であります。ゴスといえば漆黒のファッションで夏とは無縁というか全く真逆のイメージがありますよね。それが、まさかの融合を果たし、海辺に黒く覆い尽くされたファッションピープルが集まるといった異様な光景が全世界に衝撃を与え話題騒然となっているのであります。

昨今のスポーティー×ゴススタイルのHEALTHGOTH(ヘルスゴス)が一躍取り出たされた影響もあってのことでしょう。しかしながら、相対的な発想でそれを見事、調和させるのは遊び心の知れた西海岸の人達ならではですね。

非常に遊びが上手いというかエンターテイメント性に富んでいるので羨ましく思います。

アーティストのラインナップも年々豪華になっていて、今年はなんとTLCも出演を予定しています。他、話題のJAMES BLAKEやBON IVERを始め、HEALTHやCOLD CAVE、THE DRUMSなども名を連ねるなど幅広いメンツとなっています。

最後にそのイベントのスナップをお送りしたいと思います。

日本でもブラックファッションが徐々にフェスファッションにも流れ込む中、海外ではさらに進化したフェスファッションが生まれています。今年、夏の野外フェスに行かれる方はぜひ最先端のビーチゴススタイルを実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

(画像は一部GRIMY GOODSより転用)