MONOCHROME – AUTUMN/WINTER 2016 [BRUTALISM]

MONOCHROME AW 2016

【MONOCHROME AUTUMN/WINTER 2016 “BRUTALISM”】

当店がお届けするモードブランド『MONOCHROME』の最新コレクション2016年秋冬のコンセプトである”BRUTALISM”を紐解く。

バービカン地区の、強硬でスクエアなエッジがかった環境音に共鳴するかのように、MONOCHROMEは、躍動するブルータリズム(コンクリートによる荒々しい仕上げを特徴とする建築様式)と実存主義の世界を体現するコレクションを発表する。

過去から見た未来のビジョンが感じさせるノスタルジーと、実存的に反復される建造物とその景色がもたらすノマディックな神秘とが混ざりあい、コレクション全体にわたり変化してゆく強力なムード(強靭で力強いものから、コンクリートで創られたユートピアの詩的で物悲しい雰囲気のものまで)に、インスピレーションを与えている。

 

 

コレクションの幾何学的な造形はパターンに反映され、バイオファブリック、ベルトによって制約されたシルエット、止血帯や金属パーツの重用が、技術的でありながらも経験的なルックスをもたらす。

MONOCHROMEのコットン生地に施される多彩なワックス加工は、テンセル、オーガニックのウールやジャージー生地と併せて製造されるワイドロングコートのような新たなアイテムを生み出し、MONOCHROMEのデザインにこれまでにない柔らかみを与えるものとなっている。

 

 

 

 

※バービカン地区とは、シティ・オブ・ロンドンに存在する、第二次世界大戦中の爆撃により廃墟となったところを女王エリザベス2世の名のもと「国民へのプレゼント」として再開発された商業・居住複合地区である。中でもバービカン・センターはヨーロッパ最大の文化施設で、コンサートホール、劇場、映画館、アートギャラリーや、公共図書館などで構成されている。建築手法として主にブルータリズムが取り入れられ、近代建築の象徴ともいえるコンクリートを多用した外観は、バービカン(ラテン語由来で砦の意)の名にふさわしいものとなっている。

最新コレクションは近日入荷予定となっているので、ぜひコンセプトと共にブランドの世界観を体感して下さい。次世代のファッションを担うブランドMONOCHROMEの新作に乞うご期待あれ。

追記:入荷情報はコチラから。