GHSTS: AUTUMN/WINTER 2016

GHSTS AUTUMN/WINTER 2016

【GHSTS “NOTHING/NOWHERE” – 2016 AUTUMN/WINTER 】

新入荷のブランド『GHSTS』

ミニマリズムの思想とサブカルチャーからのインスピレーションで現代ファッションを切り込む新鋭のブランドです。

昨日のコンセプト紹介に続き、今回はアイテムをピックアップ!
ブランド立ち上げを飾る今回のコレクションでは、スウェットアイテムをメインに使ったデザインを多く展開したコレクションとなりました。その中より、選りすぐりのアイテムをご紹介。

 

 

 

 

ラグランスリーブとなった身幅を広くとったカットソーはユニセックスな一着。後ろがやや広く、スリットが深めに入ったデザインは着ると立体的なシルエットが構築されるまさにミニマルなデザインです。袖の切りっ放しでアクセントを効かせているところもデザインセンスが光っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

一見シンプルなクルーネックスウェットと思いきや、背面を切り返しで仕上げ、スリットを入れ込んだ技が際立つ一着。肩部のみ異なるスウェットを張り付け、このアイテムに最小限で特徴的な印象を与えています。そして、何よりリブを取り付けないソリッドでミニマルなデザインは一切無駄のないデザインに仕上がっています。

 

 

 

 

漆黒に徹した重厚感さえ感じさせるフーディーは、デザイナーズ建築の様なモダンで近未来的なフードのデザインが印象的。ドローコードのラバーコーティングやクロームジップ、ポケットのパイピングなど随所にこだわりを落とし込んだモード仕上げの一着です。

 

 

 

 

 

 

タイトフィットなラインで直線的な美しいフォルムがスタイリッシュな女性らしさを演出する上質なイタリアンウールを使用したロングスカート。タグだけをデザインのポイントに品を感じさせるアイテムです。モデルの様にユニセックスなカットソーとの組み合わせはベストマッチです。

 

 

 

 

 

 

スウェットパンツも全て計算し尽くされた構築的なパターンでポケットや膝の切り替えしなど穿いた時の立体感にこだわった仕上がりとなっています。

どのアイテムもデザイン性の高さはさることながら自国で生産するこだわりを兼ね備え、ハイクオリティーな素材に重点を置いています。そして魅せ方にもこだわりBLXCKLISTのデザイナーJesse DraxlerのパトーナーであるフォトグラファーJ WHITAKER(ffffilth)によるヴィジュアルアートがよりそのイメージを高め、アートとして表現しています。

次世代を担う、最先端の”ミニマリズム”を体現するブランド「GHSTS」は要注目のブランドです。先着で購入者にノベルティーのバッチをプレゼント致しますのでお見逃しなく!