フォトグラファー: ペニー・スミス とTHE CLASH

ペニー・スミス

【女性フォトグラファー: ペニー・スミス が捉えた奇跡のショット】

ペニー・スミス

1979年の年の瀬にリリースされた一枚のアルバムが、現代に至るまで大きな影響を与えるとは誰もが思わなかった…。

ベースプレイヤーのポール・シムノンがベースギターを叩き壊しているその瞬間を捉えたワンショットがアルバムジャケットに使用された。

写真を撮ったのは女性フォトグラファーのペニー・スミスである。

ペニー・スミス

THE CLASHが1979年の9月21日にニューヨークのThe Palladiumでコンサートを行なった際に撮られた貴重な一枚。それは彼らのイメージ、そしてエネルギーを感じる一枚としてジャケットに採用された。いまではバンドの代名詞のアルバムとなり、看板デザインとして彼らを引き合いに出す際には必ず用いられるほど印象深いものとなった。

当初、撮影したペニー・スミスはピンボケしたその写真を失敗作として気に入ることがなかったのだが、メンバーのジョー・ストラマーとアルバムのグラフィックデザインを手掛けたレイ・ロウリーがいたくその一枚を気に入り、二人の強い後押しにより決定した。それが功を奏して躍動感に満ち溢れたベストなイメージに仕上がり、楽曲の高さと共に多大に評価された。

ペニー・スミス

ペニー・スミス

ペニー・スミス

ペニー・スミス

ペニー・スミスはその後も彼らを多数撮り下ろし、フォトグラファーとしての知名度を高め、ザ・ジャム、デボラ・ハリー、モリッシー、ストーン・ローゼズなど有名ミュージシャン達も写真に収めた。どれもモノクロームの世界で陰影がはっきりした魅力的に写し出された作品ばかりである。

ペニー・スミス

 

 

ペニー・スミス

 

 

ペニー・スミス

 

 

ペニー・スミス

その者の素顔、そして自身すら気付かない潜在性を引き出しているように感じる。THE CLASHがアルバム『ロンドン・コーリング』で世界を変えた様に、彼女もまたTHE CLASHをその様に変えたのである。

後世もこの両者は切り離すことの出来ない、永久にロックの歴史に刻まれるであろう…。

ペニー・スミス

THE CLASH 『London Colling』オフシャルTシャツ絶賛販売中です!

[ウェブストア]

THE CLASH / LONDON CALLING Tシャツ


FRAGILE公式SNSページ

 

[facebook]

[instagram]

[fashion snap]

[twitter]