オリジナル・ギャングスタ – ICE-T (アイス・T) かく語りき

ICE-T

【ヒップホップの重鎮にして人生の教師:アイス・Tを語る】

I’m Your Pusher (私はあなたのプッシャー) 〜、I’m Your Pusher (私はあなたのプッシャー) 〜、とピンプなリリックを叩き込みヒップホップシーンをのし上がった、いまやビッグボス的存在となったラッパー『ICE-T』(アイス-T)

*プッシャーとは麻薬密売人のこと。

ICE-T

1958年にニュージャージー州・ニューアークにて産声をあげたICE-Tことトレイシー・マロウ。彼の人生は波瀾万丈で8歳の頃に母親を心臓発作で亡くし、12歳の頃に父親を自動車事故で亡くした。幼くして孤児となった彼はその後、親戚のもとに引き取られ、幾度か渡り歩いた末、ロサンゼルスへと辿り着いた。しかし、親戚は児童手当目当てのため世話もなく、やがて17歳の頃に自立することを決意した。18歳の頃には最初の妻との間に子供を授かり若くして父親となった。

ICE-T

高校に在学していた頃、彼はラップミュージックに出会い、ヒップホップの世界へとのめり込んだ。その頃に影響を受けたのが裏社会を仕切っていた元ギャングの小説家アイスバーグ・スリム。その伝説の小説家から名を拝借してアイス・Tと名付けた。

ICE-T

そんな彼は西海岸最大のギャンググループ「クリップス」の傘下であるWest Side Rollin 30sのメンバーとして活動していた経歴をもつ。ハスラー(売春の元締め)やプッシャー、窃盗、喧嘩など大概の悪事に手を染め、逮捕歴をもつ本物のギャングスタである。

ICE-T

 

 

ICE-T

ちなみにN.W.AのメンバーICE CUBE(アイス・キューブ)は彼に憧れてラッパーとなった。

ある時、彼は交通事故で意識不明の重体に落ち入り生死を彷徨った。約3ヶ月間の入院生活の中、誰の見舞いも無かったことで自身を変えるきっかけを与えた。それを機にギャングから足を洗った彼は自身の経験を踏まえた歌詞でインディーシーンを渡り歩く。そんなある日、名俳優で映画プロデュサーとして活躍していた故デニス・ホッパーの耳に留まった。彼のことを気に入ったデニスはその頃、次作となるギャング映画『カラーズ 天使の消えた街』の主題歌にアイス・Tを抜擢した。彼の名は映画と共に全米に知れ渡り、提供曲「Colors」はヒップホップアンセムとして名を残した。

一躍、西海岸きってのギャングスタ・ラッパーとして有名となったアイス・Tは91年にアルバム『O.G Original Gangstar』をリリース。そのアルバムが自身最高のセールスを叩き出し確固たる地位を築いた。そのアルバムに収録された曲「BODY COUNT」はこれまでにないハードコアナンバーでバンドスタイルを取り込んだHR/HMテイストの曲となり話題となった。

BODY COUNT

 

 

BODY COUNT

その曲は地元の友達らと結成していたバンドの曲のものであった。それをきっかけにヘヴィメタルバンド「BODY COUNT」(ボディ・カウント)として、ソロのラッパーと兼任でバンドのヴォーカリストとしても活動の幅を広めた。後にバンドは白人が過半数を占めていたメタルシーンにおいてもその存在をアピールし、ブラック・サバスやスレイヤー、モーターヘッドなど大御所とも交流をもつなど欠かせない存在となった。

幼少の頃からロックやメタルミュージックなど様々な音楽を聴いていた彼にとってそれは自然な流れであった。

92年にセルフタイトルのデビューアルバムをリリースするや否や瞬く間に物議を醸し出した。バンドとして最も有名となった曲『Cop Killer』である。この曲は当時、アメリカにて最も重大な事件となったロサンゼルス暴動の引き金となった曲として知られる。人種間で生まれた差別は歪みを生み出し。ロス市警による黒人への不当な圧力がこの事件の発端となった。

彼はアフリカ系アメリカ人であるが、母方がフランス人と黒人の混血でフランス人の血も流れているため幼い頃より人一倍差別に対し敏感であった。また彼は曲の収益金をロサンゼルス暴動後の街の復興援助の為に寄付したり、ギャングを更生するヒップホップ・プロダクションの立ち上げに費やした。そういった行動から彼を慕う者は多くいまでも彼の様になりたいものは後を絶えない。

そんな人気者の彼はテレビメディアからも引っ張りだこで、映画出演からドラマ出演まで幅広い演技で俳優としても活躍している。2013年には監督としてデビューを飾り、初作品となったドキュメンタリー映画『アート・オブ・ラップ』を公開した。その映画は自身がインタビュアとなり多くのラッパー達に突撃取材を行なっている。彼のためなら取材を受けても良いというアーティストもいるほど彼の影響力は計り知れない。

ICE-T

 

 

ICE-T

生きながらにして伝説となった彼はヒップホップを知るにあたり、知っておかないといけない重要人物である。最近ではブランド「OBEY」のShepard Fairleyが彼のポスターを制作するなど再びクローズアップしている。OG=Obey GiantとOG=Original Gangstarを掛け合わせたロゴはなんとも絶妙なマッチングとなっている。しかも、Glen E Friedmanの写真を元ネタに使うなどさすがである。

ICE-T

SHOES:GEORGE COX (FRAGILE別注モデル)

[ウェブストア]

フリンジラバーソールブーツ

T-SHIRTS:ICE-T

[ウェブストア]

MONEY Tシャツ

T-SHIRTS:BODY COUNT

[ウェブストア]

MANSLAUGHTER Tシャツ

ENTER THE DARK SIDE Tシャツ

HOODED:GHSTS

[ウェブストア]

UNIFORM ZIPPER HOODIE

PANTS:NEUW DENIM

[ウェブストア]

STRAIGHT EDGE PANTS

当店でもアイス・Tをリスペクトすべき、彼の多彩な才能を活かし、いかにもヒップホップスタイルに合わすでなくモードな着こなしに合わせる提案を致します。モード×ヒップホップの新たなアプローチにふさわしいアイス・Tは永久不滅です。いまやモードスタイルにもヒップホップは主流となっているのでこの機会にクロスオーヴァーしてみてはいかがでしょか?