NEXT NOISE

NOISE MUSIC

【ノイズミュージックは今後どう広がるのか?】

現代のノイズミュージックは様々なジャンルとクロスオーヴァーすることで、いまの時代に合わせた、これからの世代にアプローチした方法でその良さを伝えています。

それまでアンダーグランドで芸術性を表現していたノイズは、アヴァンギャルド・ミュージックとして深く音楽や芸術に精通した人々の嗜好物として嗜まれていました。

60年代には誕生していたとされるノイズミュージックは、時代を経て進化を遂げ、80年代にその人気は頂点へと達しました。いまではオーヴァーグランドの音楽性にも溶け込み、その存在を着実にアピールしています。

[アイドル×ノイズ!?Bis階段]

それまで決して交わる事の無かったアイドルとノイズ。ポップカルチャーとアンダーグランドのノイズの融合は化学反応を引き起こし大きな話題を呼びました。

アイドルグループの中では異端されていた過激なパフォーマンスで物議を醸し出した昨年解散を表明した”BiS”と日本ノイズの重鎮”非常階段”のプロジェクト

「BiS階段」

は衝撃を与え、海外からも多くの賞賛を得ました。

メタル系アイドルがBABYMETALならBiS階段はノイズ系アイドルとして世界をまたにかけたのであります。

[ボーカロイド×ノイズ!?初音階段]

アイドルグループとコラボレーションで新たな扉を開いた非常階段は、それ以前にボーカロイドの初音ミクをフューチャーしたユニット

「初音階段」

を始動させました。日本が誇るアニメーション技術が生み出したヴァーチャルアイドルとキング・オブ・ノイズのコラボレーションは実にユニークな取り組みで地下シーンを見事繋ぎ合わせました。

他ジャンルと積極的にコラボレーションを続けてきた非常階段ならではの発想と言えるでしょう。

[ヒップホップ×ノイズ!?clipping.]

かねてから当店が注目しているSUB POPレコード期待の大型新人としてデビューを果たし、いまやLAを中心に人気を獲得したヒップホップ・トリオ

「clipping.」

ラッパーのDaveed DiggsとJonathan SnipesとWilliam Hutsonの二人のプロデュサーからなるclipping.はこれまでになかったノイズ色強いヒップホップグループとして異彩を放ち、水と油とされていた両ジャンルのファンを結びつけました。Death Gripsの台頭もあり、ヒップホップという土壌においてもノイズミュージックはすんなりと受け入れられました。

こうしてノイズミュージックは柔軟に変化を遂げ、カメレオンの様にそこに溶け込むカタチで調和を測っています。これからノイズミュージックは更に進化を遂げるとされており注目度の高いジャンルとして世界から一目置かれています。

今後もノイズミュージックに焦点を置き、それを紐解いて行きたいと思います。

[おまけ]

伝説

「ハナタラシ」

の動画。

Previous:
DAIDO TOKYO