HOGG POST-PUNK

HOGG

HOGG

6月中旬にLAのアンダーグラウンドなアートギャラリーで衝撃的なバンドを見た。
古いサウンドシステム、パーカッションに今ピリピリしたLIVE感を出せる数少ないアーティストであるレディースバンド”HOGG”
hogg-1
hogg-1

hogg-1
-HOGG-
Hoggはシカゴに拠点を置くアトランタ出身のEmma SimsとHanna Elliottからなる実験的プロジェクトだ。
プロジェクトは4年前にスタートしたがこれまではライブでの生演奏が主だった。主にハードコアー、Post-Punk, Old Schoolインダストリアル、ノイズ、No Wave、Minimal Wave, GothそしてBlack Metalなどに影響を受け、David Wojnorowicz, Lee Lozano, Chris Burden, Paul Mccarthyなどの音楽にも影響を受けてきた。HOGGというグループのタイトルはSamuel Delaney作 ‘Hogg’から引用した。物語はレイピストのギャングトラッカーと性的関係を持つ若い男の子の関係を中心に展開する。。
HOGGのパフォーマンスと音楽は、愛、セックス、死、誕生、暴力などを表現し、その内容の不合理さとヒステリー的感覚を伴って人間性の破壊にまで至る。
HOGGはミュージックとパフォーマンスによりサブリミナルマニピュレイシオン(意識下のコントロール)、資本主義、Spirituality(精神性)、セックス、Chauvinism(盲目的愛国心), Symbolism (象徴性)、existentialism(実存主義) やニヒリズムを追及する。。
hogg-1

hogg-1

hogg-1

hogg-1
これからカリスマ性を残すアーティストとして急上昇してきそうなおもしろさがある。

HOGGのサウンドはこちらからチェック出来ます。
https://nihilistrecordings.bandcamp.com/album/bury-the-dog-deeper-nihil-80

Previous:
PELTS