HISTORY OF RUN-D.M.C.

70年代のアメリカでブロックパーティーから誕生したHIP HOPカルチャー。

80年代に入り、その勢いは加速を増し一大ムーブメントを築き上げた。
その先駆けとなったのが『RUN-D.M.C.』(ランDMC)である。

dmc

ニューヨークの最も東に位置する区クイーンズにて、ジョセフ・シモンズ(RUN)、ダリル・マクダニエルズ(D.M.C.)、ジェイソン・ミゼル(ジャム・マスター・ジェイ)の若者三人によってグループは結成された。

dmc

貧困層の若者たちが多く居住するブロンクスから生まれたカルチャーは、中流階級のクイーンズの若者にも影響を与えるほど刺激的な産物であった。

83年、Def Jamの創立者でRUNの兄であるラッセル・シモンズのプロデュースにて記念すべきシングル”It’s Like That”/ B面”Sucker M.C.’s”をリリースする。それをきっかけに徐々に注目を浴びることとなる。

翌年の84年に満を持してセルフタイトルのデビューアルバムをリリースし活動の幅を広げた。収録曲のセカンドシングル”Rock Box”はそれまで白人主流であったロックサウンドを取り込んだ初の試みの楽曲で、ブラック・ミュージックのカルチャーであったイメージを覆すきっかけを作った曲として歴史にその名を刻んだ。

そして、その勢いのまま85年に2ndアルバム「KING OF ROCK」をリリース。ヒップホップ史上初となる100万枚セールスのプラチナアルバムを獲得した。ヒップホップとロックの間にあった壁を遂にぶち壊し<キング・オブ・ロック>の異名を掴むきっかけを作り上げた。

更にとどまることを知らない勢いで86年に歴史的名盤となった3rdアルバム「RAISING HELL」をリリース。誰しもが一度は耳にしたことがあるエアロスミスのカバー曲”Walk This Way”他、”Peter Piper”、”It’s Tricky”、”My Adidas”など名曲が収録された作品として受け継がれている。200万枚セールスのマルチ・プラチナ・アルバムの獲得。ヒップホップ初のローリングストーン誌の表紙を飾り、MTVでヒップホップ初のPV放映され、ヒップホップの歴史において数々の快挙を達成した。Walk This Wayでのカップリングは低迷期であったエアロスミスをカムバックさせるものとなった。

ここまで偉大な功績を残した彼らだが注目すべき点は音楽スタイルだけではなくファッションスタイルにおいても多大な影響を与えた。

dmc

RUN-D.M.Cのファッションといえばまず真っ先に頭に浮かぶのがadidasである。adidasのジャージに、スニーカーはadidasのスーパースター。そこに各々がゴールドのロープチェーンにSTETSONのハットやKANGOLのベルハット、CAZALのサングラスなど彼らが着用するアイテムは瞬く間にブレイクを果たし、ファッション文化においても上記のブランドやスタイルを世に広めることに一躍を担った。

dmc

当時、彼らが履き流行したadidasのスーパースターの紐無しで履くスタイルをモチーフにその後、発売された紐無しで負担なく履けるよう改良したモデル<ウルトララスター>はこれまたヒットした。いまでもコレクターズアイテムに位置付けされるほど価値ある一足として評価されているほど。

オールドスクールなHIP HOPファッションを確立したパイオニアとしても名を残した。

その後、出演映画と同タイトルの”Tougher Than Leather”(1986)をリリース。そしてコンスタントに”Back From Hell”(1990)、”Down with the King”(1993)などのオリジナルアルバムをリリースするも、長きに渡りブランクの期間を経てようやく2001年にNasやProdigy(MOBB DEEP)、Everlast(HOUSE OF PAIN)にMethodman(WU-TANG CLAN)からFred Durst(LIMP BIZKIT)、Kid Rock、Sugar Rayなどヒップホップアーティストからロックアーティストまで豪華なメンツが参加した復活作”Clown Royal”を発表してシーンに見事カムバックを果たした。

dmc

しかし、翌年の2002年に衝撃的なニュースが世界を震撼した。
グループの頭脳でDJのジャム・マスター・ジェイが何者かに射殺されるというショッキングな事件が起こった。それによりグループは事実上の解散を余儀なくされ伝説となった。

彼らの存在が無ければ、Beastie Boysを始めPublic EnemyやA Tribe Called Quest、Wu-Tang ClanなどのHIP HOPレジェンド達もここまで世に知られることはなかったかもしれない。

後世にも彼らの遺伝子は受け継がれ、新たなスターを誕生させることであろう。

dmc

RUN-D.M.C.の商品はウェブストアでご覧頂けます。

関連記事

  1. 80’s CYBERPUNK

    2015.11.21

    80’s CYBERPUNK

    “CHAPTERやMONOCHROMEから紐解く80’sサイバーパンクとは?”唐突ながらサイバー…

    80’s CYBERPUNK
  2. GREATEST BAND T-SHIRTS

    2016.02.10

    GREATEST BAND T-SHIRTS

    “一枚のバンドTシャツが国の宝に..."多くの人々に影響を与え、歴史を築いたバンドJOY DIV…

    GREATEST BAND T-SHIRTS
  3. アフリカ・バンバータが築いたヒップホップの平和的解決

    2016.12.20

    アフリカ・バンバータが築いたヒップホップの平和的解決

    【ヒップホップのオリジネイターの一人”アフリカ・バンバータ”を特集 Vol.1】AFRIKA…

    アフリカ・バンバータが築いたヒップホップの平和的解決
  4. GROUP A – New T-Shirts

    2017.10.8

    GROUP A – New T-Shirts

    【ベルリンで活躍するアヴァンギャルドデュオ"GROUP A"の新作Tシャツ入荷】今年…

    GROUP A – New T-Shirts
  5. JOY DIVISION × Dr. Martens – 8 HOLE BOOTS

    2018.06.13

    JOY DIVISION × Dr. Martens – 8 HOLE…

    【”JOY DIVISION × Dr.Martens”の限定コラボブーツより販売開始!】…

    JOY DIVISION × Dr. Martens – 8 HOLE BOOTS
  6. AVALONE “ENVY” AW15 3rd delivery

    2015.11.28

    AVALONE “ENVY” AW15 3rd delivery

    AVALONE “ENVY” AW15 3rdデリバリーブランドの海外展開をサポートするTOKY…

    AVALONE “ENVY” AW15 3rd delivery
  7. BARBICAN LONDON

    2016.10.10

    BARBICAN LONDON

    【「MONOCHROME」、「BLACK TRIANGLE DESIGN」がテーマに掲げる”ブルータ…

    BARBICAN LONDON
  8. GHSTS: AUTUMN/WINTER 2016

    2016.11.3

    GHSTS: AUTUMN/WINTER 2016

    【GHSTS “NOTHING/NOWHERE” - 2016 AUTUMN/WINTER 】新…

    GHSTS: AUTUMN/WINTER 2016
  9. 25 YEARS OF NINJA TUNE

    2015.12.14

    25 YEARS OF NINJA TUNE

    “電子忍者の軌跡"今年、創設から25周年を迎えたレコードレーベルがある。イギリス…

    25 YEARS OF NINJA TUNE

NEW POST

  1. 2018.08.1

    ARTIST- KILL MY 27