ARCA LIVE@HOLLYWOOD FOREVER

Untitled

ARCA LIVE

今世界中のクリエイターが彼への注目度がもっともあると言っても過言ではないトラックメーカー/プロデューサーARCA。
ARCA4

ARCA3
ARCA2

ARCA1
コーチェラシーズンの中もちろんLA公演はソールドアウトだった。
彼のトラックはデジタルヒップホップ、トラップミュージック等をサンプリングに使用し、パフォーマンスするARCAはドレスを纏いギルターカラーのプラットフォームブーツというポストヒーマニズムなユニセックスさを感じさせた。
ARCA5

ARCA6
ARCA7
ARCA8

ライブではグロテスクな潜在感と官能的なシューレアリズムな映像をつくり出すクリエイタージェシーカンダも参加しドライブ感ある作品をスクリーンに流しお互いのパフォーマンスによって化学変化をおこしていた。
ARCA9

ARCA10
ARCA11
エレクトロ、メタリックビート、ボディミュージックを駆使し次の可能性を弄ぶかのように未来へと進んでいるARCA。彼こそ現在のレプリカントである。

Previous:
INSIGHT SS15