20,000 DAYS ON EARTH

NICK CAVE 20,000 days on earth

NICK CAVE – 20,000 DAYS ON EARTH

70年代後半、地元オーストラリアにて結成し、その後ロンドンに拠点を移し、破壊的な強烈なギグが話題となりたちまち人気となった伝説のバンド「THE BIRTHDAY PARTY」(ザ・バースデー・パーティー)

NICK CAVE

そのバンドのシンガーであるNICK CAVE(ニック・ケイブ)は精神異常なまでのパフォーマンスで他を圧倒するカリスマ性を誇っていました。

バンド解散後、元メンバーのMick Harvey、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのBlixa Bargeldらと共に新バンド「NICK CAVE AND THE BAD SHEEDS」(ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ)を結成し、30年以上にわたり活動している。

NICK CAVE

中心人物であるニックはミュージシャンだけにはとどまらず作家や脚本家、画家、はたまた役者としても脚光を浴び、「シティ・オブ・エンジェル」の原作映画「ベルリン・天使の詩」や「ジョニー・スエード」など数々の映画に出演&楽曲提供など、マルチな活躍で歴史にその名を残しました。

そんな彼の人生に迫ったドキュメンタリー映画”NICK CAVE 20,000 DAYS ON EARTH”(ニック・ケイヴ/20,000デイズ・オン・アース)が先駆けて全米で公開され喝采を浴びました。

日本国内でも来年2月より全国順次公開されることが明らかとなりました。

今ではめっきりカリスマが減ったとされるミュージックシーンに息吹を与える作品となることでしょう!
by AC

 

 

Previous:
PLACK BLAGUE